Archive

Posts Tagged ‘関東百名山’

遺構

鋸山

鋸山

浜金谷駅のホームから見る鋸山は、山がそのまま城郭か要塞のよう。
探検に行くみたいでワクワクするが、生憎な空模様で、いつ雨が降り出してもおかしくない。
ちょっくら山頂まで行って、日本一の大きさの大仏見て帰ってくるまで、もってくれと願ったが、聞き届けられず。
「ちょっくら」なんて軽い気持ちで思ったのがいけなかったのか。
329mの山だけど、絶壁階段とかもうなんやねんっ。
一段の段差が大きいんじゃあっ!! と悪態をつきながら歩く。

続きを読む…

カテゴリー:iPhone タグ: , ,

なんだここ。綺麗過ぎるじゃないか

オキノ耳からトマノ耳

オキノ耳からトマノ耳

もう春だというのに、季節感全く無視の雪の写真。
でも、もう山も春。
厳冬期は、真っ白だったはずの山肌も地肌が見える部分も出てきて、立体感が際立つ。
あまりにくっきりはっきりなので、目の前に広がる山並みが、写真かCGか?と思うぐらい。
もうただただ、見惚れてしまうばかり。

続きを読む…

日光白根山

iPhone

iPhone

昨年の11月。
強風雨に晒されながら、やっとの思いで登った日光白根山
山頂滞在時間、わずか10秒居たか居ないかというほど。
Mとしか思えない、いったい何しに行ったんだ?と思ってしまう思い出深い山行から早4ヶ月。(まだ4ヶ月?)
季節を変えてやってきた白根山は、快晴!!
あの時見えなかった景色は、こんなに凄かったのかぁ~。

続きを読む…

天気

黒斑山から浅間山

黒斑山から浅間山

山での天気によって、体力的・精神的にここまで変わるとは。

昨年末、晴れると思ってやってきた黒斑山(2,404m)。その時の画像
晴れる気配など一切無し。
雪は降りだす。
もちろん展望など無く、疲れは増していく。
向かいの浅間山は本当にそこにあるのか? と思うほどだったのに、晴天に恵まれればこの景色。
リベンジしたかいがあったというもの。

続きを読む…

初詣

武蔵御嶽神社

武蔵御嶽神社

特に予定があるわけではなかった。
じゃあこのへんで、と申請していた有給休暇。
天気は良い予報。ならば山。
候補にあがった山は、どれも風が強そうだ。
あっ。初詣がまだだった。
それも兼ねて、御岳山~鍋割山~大岳山へ。

以前、コースの計画を立てたことがあるから大丈夫だろうと、ろくにコースタイムを考えずに出発。
途中で立ち寄った御岳ビジターセンターで、大岳山までの道の状況を確認してみると、片道3時間と言われる。
「あ、はい。・・・・えっ? 3時間っ!?」
行けるのだろうか…。3時間もかかるコースってきっと大変…。
今の時間からなら、日暮れまでには戻ってこれますよ、と見送られて、いざ。

続きを読む…

2014年最後のエントリー

黒斑山

黒斑山

恒例の「今年も一年過ぎるのが早かった。」
今月は、もう少しブログを更新しようと思っていたのに、あわあわしているうちに終わりが。

さらに恒例の、カラーもモノクロも全部あわせて、現像ベースで87本
少なっ!!
普段、カメラを持ち歩かなくなったこと。
カメラを持ち出しても、「木」しか撮ってなかったこと。
そんなこんなで、フィルムの消費は少なかった。
でも、一日の出来事をカメラで捉えていると、後日見返した時、面白い。
だから、やっぱりもっと撮らなくちゃ。もっともっと。

黒斑山

黒斑山

浮かぶ富士

浮かぶ富士

浮かぶ富士

三頭山からの富士山は、前日に見た富士山と違い、別世界の物のように見えた。

三頭山は、都民の森として整備されていて、短いものから少し長めの周遊コースもあったりと、楽しくハイキングができるところかもしれない。

が、
奥多摩湖側から登っていくと、急登が何回か登場し、登りに3時間半。
この日のメンバーを考えて、「さぁ! 頑張りたまえ!」なコースを設定して、自分自身が罠にはまった感。
結局、登りに4時間かかってしまったが、途中、「チョコレートっ!!」 と訴える者や「小学生かよ!」な発言に大笑いしながらの楽しい山だった。