アーカイブ

Posts Tagged ‘山歩き’

大劔神社

神社

社の方からだと、岩の上部しか見えない。
ルートを変えれば、裏(?)側が見え、立派な岩がそそり立つ。
登れるかな?と、つい見てしまうが…怖いから登りません。

広告
カテゴリー:iPhone タグ: ,

11/2

剣山山頂

昨年の同じ日、父と一緒に立った剣山(1,955m)の山頂へ、今回は母と。

昨年のその日のこと、山登りを始める前に連れて来られた日のことなどを思い出しながら。
剣山へは、母も父とは何度も登って、いろいろ思い出があるようで。
それを語り合う、とまではいかなかったが、父のことを思いながら登っていたのは同じのようだ。

本当は、別の山に登るつもりで準備して帰省してたのよ。
それを、前日になって、母からのあーだこーだ、二転三転、私がプチ切れした結果、もう無難に剣山へ、となったわけだが。
今回は、私は初めてとなる次郎岌(1,930m)まで足を伸ばした。
剣山の山頂からいつも眺めては、綺麗だなぁ…と思っていた稜線をやっと歩くことができた。

次郎岌

前日は、母を誘うんじゃなかったわ、とまで思ってしまったが、実家から戻ってきてから、「連れて行っていくれてありがとう」と、お礼を言われてしまうと、そんなことを思ってしまったことが申し訳なく…。
また一緒にどこかに登ってもいいなと思う単純な娘なのであった。

カテゴリー:iPhone タグ: ,

出てきた写真

軌跡

しっかりとした足取りで歩く父。

この頃、次の正月が、父との最後の正月になるかもしれないと、なぜか感じていた。
だから、この時も父の姿ばかりカメラで追っていた。

でも、この写真の1か月余り後に、もう会えなくなるなんて。
そこまで早いとは思ってもいなかったよ。
正月も迎えられなかったね。

カテゴリー:KLASSE S タグ: , ,

雨の山

雨山行

泊まりの山行の場合、連日晴れを望むのは難しいもので、天気の悪い日も経験しておいた方がいいと、以前なら、少々の雨なら突撃(?)することもあった。
今はもう、天気が悪いと分かれば、即刻中止か離脱。
そんなわけで、山計画をしても、行かない日もあり、今年はほとんど山に登っていない。

なのに、なのに。
両日とも雨なのを分かっているのに、歩いてしか行けない、それも片道4~5時間歩かないと辿り着けない温泉に行くために、テント担いで出発。

そして、雨に降られながらの露天風呂。標高2,100m
湯に浸かっていれば温かいが、暑くなって出れば、5分も経てば寒くなる。
また湯に浸かる。出る。浸かる。出る。浸かる…これはエンドレスかと思うほどを3時間ぐらい。

翌日、また雨の中を何時間もかけて歩いて下山後、冷え切った体を温めるために、また下界の温泉に入りに行く。

もう意味が分からない。
でも、こういうのって、意味が分からなくても、無くてもいいのかもしれない。

久しぶりの雨の山行は、それでなくても体力の落ちた身体には相当に堪えたらしく、筋肉痛にはなるわ、クライミングをやってもすぐに登れなくなるわ、で疲れを長~く引っ張ってしまっている。

カテゴリー:iPhone タグ: ,

鹿肉

鹿肉ホットドック…の写真の写真

先日の山で、帰りにコレ↑ を食べると張り切っていたツレ。
敢え無く時間切れで、食べられず。
美味しいのかな? 次の機会に!

カテゴリー:iPhone タグ: ,

スピードが分からない

山頂から

お盆以来の山歩き。
今年は、山歩き自体ほとんど行ってないのもあってか、久しぶりにハイキングに行ったら、歩くスピードが分からない!!
で、コースタイムはみ出るほど遅くて、あぁ…ダメだこりゃ…と思うのであった。
また一から身体を作り直すか…。

カテゴリー:iPhone タグ: ,

山での気になる言葉

ざ・SKY

昨年の剱岳、早月小屋のテント場で2泊を過ごし、小屋のご主人に、これから下山しますと挨拶をすると、「はい。気を付けて、下がられぇ。」と声をかけて頂いた。
そうか、下山するのは、『下がる』と言うんだなと。
今年もこの『下がる』を何度も聞いた。
逆に『上がる』も、何度も聞いた。
なんか通っぽく聞こえて、お気に入り。

カテゴリー:iPhone タグ: ,