ホーム > iPhone > 初・中央アルプス

初・中央アルプス

千畳敷カール

写真で良く見るこの景色。
行ってみたいな~と思っていた所へ、やっと行けた。
天気は微妙で、ガスで真っ白になったり、晴れたり目まぐるしく変わる。

ロープウェイを使えば、標高1,661.5mから、7分30秒で、標高2,611.5mまで、ぴゅーんと上がってしまう。
登山をしない人でも、標高2,600m越えの景色を気楽に楽しめる。
今は、花のシーズンで、多くの観光客で賑わっていた。
そこから、整備された登山道を2時間も歩けば、駒ヶ岳の山頂ということで、日帰りでも充分楽しめる。
そこを敢えて、1泊2日で行く贅沢(か?)。

八丁坂

登り時間の半分を占める八丁坂が一番ツライところ。
九十九折の坂をひたすら上るが、整備されててほぼ階段状。
歩きやすいかもしれないが、苦痛。
それでも、上を見ても下を見ても広がる景色は、気持ち良い。

本日の宿泊地

歩く時間も距離も短いので、山歩きから遠ざかっている私でも、テント装備を担いでどうにかこうにか、テント場を見下ろすことのできる中岳へ到着。
あそこに張ろうと、上から場所選び。
正面には、駒ヶ岳の山頂。

太陽出ました

山頂から見る予定だった日の出は、テント場から。
前夜の雨で、見られないかと思っていただけに嬉しい。
夜の黒から濃紺へと移り変わり、水色黄緑オレンジとだんだん色が加わり始める頃が一番美しいと思うので、実は日の出の瞬間よりも楽しみにしている。
が、今回はそれを見逃した…orz

木曽駒ヶ岳山頂

ほとんど人が居ない晴天の山頂(2,956m)へ。
風は結構あるけど、青空の中、山頂に立てる幸せ。

毛づくろいand日向ぼっこ

山頂そばで、猿の群れに遭遇。
こんなところに居るとは思わず、ビックリ。
高いところにいるんだなぁ、特等席じゃないか、そこ。

山頂から

稜線が美しい。
こういう景色が見られると、登ってきて良かったなぁとなおさら思える。

宝剣の鎖場

初日に登らなかった宝剣岳にも立ち寄ってきた。
鎖場で「こ、こ、こぇ~…」と言いながら進み、本当の(?)の山頂は、人が一人立てるだけの岩の上なのだが、怖いうえに、登ってもたぶん降りられないと遠慮した。
友人に怖かったと伝えたところ、「クライマーのくせに~?」と。
それとこれとはきっと別…。

広告
カテゴリー:iPhone タグ: ,
  1. 2017/09/1011:05 pm

    昨年、自分も初めて行ってきました。でも、お天気に嫌われ、雨雨雨

    青空、濃い〜ですね。^_^

    • 2017/10/093:41 pm

      すっごい放置プレイになってました、ごめんなさい!!

      以前、山でお話ししたかたが、自分が山へ行くときは、晴れていることが滅多にないから、山は曇っているもんで、晴れたらラッキーだと思うことにしているとおっしゃっていたのをよく覚えています。
      本当に天気に恵まれるというのは、気分も全然違ってきますから、ラッキーだなと思います。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。